ジンクスコイン「サンマリノ2ユーロコイン」

私の財布の中にもう3年以上ずっと入っているコインがあります。

 

f:id:omajia:20170129101358j:plain

この2ユーロコイン。

EURO通貨で欧州EURO圏内で使用出来るごくありふれた硬貨です。

 

f:id:omajia:20170129101401j:plain

裏側には2012 SAN MARINOとデザインされています。

 

サンマリノというのは正式名称サンマリノ共和国

ヨーロッパのイタリア半島の中東部に位置する共和制国家で、イタリアの国土の中にあるれっきとした独立国となりますが世界で5番目に小さな国となり、周りはイタリアに囲まれており面積も十和田湖くらいの大きさです。

 

アニメが好きな方なら昨年新シリーズ放送したルパン三世の舞台となった国と言えば少しは分かるでしょうか?

 

f:id:omajia:20170129102723j:plain

www.lupin-3rd.net

イタリアサンマリノが舞台となる新シリーズと放送されていましたが

イタリアとサンマリノは別々の国となります。

 

f:id:omajia:20170129101403j:plain

しかしサンマリノへ行くには交通手段はイタリア国内から車での移動のみとなります。

こんな感じで道路の途中から柱を境にイタリアとサンマリノの国境があります。

 

ここから車で山道を少し登って行くとサンマリノ共和国の街へ入ります。

 

f:id:omajia:20170129101406j:plain

サンマリノは2014年の時、観光で数時間滞在しましたがまるでジブリの世界のような素晴らしい景観に感動しました。

 

f:id:omajia:20170129101401j:plain

冒頭に戻りますがサンマリノのお土産売り場で買い物をしていた時、支払でクレジットカードが使えずユーロ紙幣で支払ったのですがその時に売り場の女性の方が「これをお釣りであげるわ」と貰ったのがこのSAN MARINOの2ユーロコインです。

 

ユーロコインは裏のデザインはそれぞれ発行している国ごとデザインが異なるのですが特に小国となるモナコバチカンサンマリノは正式にユーロに加盟しているわけでも無いので元々流通用にユーロを作成しておらず基本的にはその国へ行ってコインセットなどお土産用に購入しなければならないほど希少な通貨の1つなんです。

 

記念コインでも無いサンマリノ国内での2ユーロコインはあまり出回っていないためわざわざお釣りでくれた店員さんにお礼を言い、その後このサンマリノコインを持っていればまたヨーロッパに行く機会が増えるかな?というジンクスでずっと財布に入れて持ち続けています。

 

その後は2014→イタリア 2015→イタリア サルディーニャ 2016は予定がつかず行けませんでしたがイタリアに赴く機会が増えてきています。

 

タイや台湾などアジアの旅行も楽しいですがヨーロッパの旅行はまた全然違う感動や驚きがあります。

 

外国といっても日本みたいな街並みがある台湾やタイもアジアの一部として何処と無く近い何かを感じることがある国ですがイタリアなど欧州は日本では全く見ることがない街並みや建造物がありカルチャーショックを受けます。

 

f:id:omajia:20170129101734j:plain

 石畳がずっと続く街並みや

 

f:id:omajia:20170129101737j:plain

 建物の作り方など本当に異国感があり見ていて全く飽きません。

 

f:id:omajia:20170129101739j:plain

 こちらはイタリア北部ボローニャのサンルカという教会ですが、写真以上に建物の中の静寂さや圧倒される雰囲気が見たくてイタリアに行く時は毎回楽しみです。

 

今年もイタリアに行けるかは分かりませんが、行った時はまた沢山の写真を撮りたいと思っています。