初めての海外一人旅 台湾 台北日帰り弾丸旅行[DUCATI台北再訪編]

初めての一人海外となる年明け台湾日帰り旅行は羽田から飛行機で桃園国際空港。

空港からはリムジンバスで台北駅まで移動してきました。

 

今回、向かう先はよくある台湾の観光スポットとは全然異なる場所となりますが台湾にはそんな場所もあるんだという風に見てもらえばと思います。

 

f:id:omajia:20170123191434j:plain

台北駅東三門バス停を降りて少し歩くと台北駅に到着。

只今の気温は20度と日本の静岡では10月頃の気温でしょうか?
以前初めて台湾に来た30度近くの時と比べるとかなり快適です。

 

f:id:omajia:20170123191438j:plain

駅前にはこんなオブジェもありました。

 

f:id:omajia:20170123191445j:plain

f:id:omajia:20170123191441j:plain

その先を見てみると電車のモニュメントの横にあるテントみたいな箇所がありその近辺だけやたらと人が集まっています。

よーくみると大きいリュックやスーツケースを持った方々ばかり。

 

f:id:omajia:20170123191449j:plain

 先に行ってみるとここが台北駅から直接桃園国際空港へ行くリムジンバスの乗り口&チケットカウンターでした。

テント前の看板に1819の台北駅ー桃園空港便の番号が見えますね。

行きは割と空き席も多く乗れたのですが、帰りはこの混雑ぶりをみるにバスに乗り込むまでにちょっと時間がかかってしまいそうですよね。

なので空港へ戻るときはタクシーを利用しました。

 

まだ時間が少しあったり、小腹がすいて来たので駅内に何かないかな?と入って行きました。

 

f:id:omajia:20170123191507j:plain

 時好評の電光掲示板がありましたが、この地下を降りて行くとMRT乗り場があるんですかね?

 

f:id:omajia:20170123191511j:plain

これがMRTの路線図?高速バスとタクシーでの移動は経験済みなので次回はMRTに乗って見たいですね、左側にある桃園空港にもMRTが開通するという話もあるそうなので。

 

f:id:omajia:20170123191515j:plain

f:id:omajia:20170123191520j:plain

建物内にはこんなスマホケース屋さんもありました、様々なケースが所狭しと並んでいて見ていて飽きません。

でも最終的に欲しいと思うのが無く今回はスルー

 

f:id:omajia:20170123191615j:plain

お腹がすいて来たので構内マクドナルドの前側にあったこの看板に目が止まり

「ん〜?焼肉、、??餅?、小〜、、紅茶?」

なんだか良く分かりませんがなんと無く美味しそうだったので注文。

画像では75NT$でしたがオーダー時に何故か紅茶が黒糖牛乳というのに変わっていて料金は90NT$でした。

 

Breeze微風廣場 | 微風台北車站

*後ほどネットで調べたら台北駅内は微風台北車站(ブリーズタイペイステーション)と行ってB1.1F.2Fと様々な飲食やお店が集まっているみたいですね。

 次回来たときは地下にも行って美味しそうな物が無いか探して見たいと思いました。

 

 

f:id:omajia:20170123191452j:plain

 とりあえずお持ち帰り風(店前にテーブルとかも無し)だったので駅を出て近くのブロックに腰掛けて食べるとしましょう。

 

f:id:omajia:20170123191456j:plain

見た目はなんだかお好み焼きをクレープ状にしたような感じかなぁ?

 

f:id:omajia:20170123191459j:plain

 「うわっ!なにこれ?美味しい!!」

ごま油が効いてて、ねぎ風味のモチモチとした生地と卵の組み合わせが良く、中の豚肉が薄くてもジューシーでとっても美味しいです。

なんがか良く分からなかった黒糖牛乳も程良い甘さで丁度合います。

これで90NT$(325円くらい)、日本で同じような味&価格で売ってたらかなりの頻度で食べるでしょうね。

うーん、台湾の美味しいものまだまだ食べてないなぁ、、、

 

f:id:omajia:20170123191503j:plain

もぐもぐ食べながらぼーっと目の前を見ていると警察の方もスクーターに乗っていました。相変わらず写真を撮っても車よりスクーターの方が多く映り込みますね。

 

さて、そろそろ移動開始です、タクシーを見つけたら手を上げて乗り込みます。

*台湾のタクシーは日本のように自動でドアは閉まりません、乗り込んだら自分でドアを閉めましょう。

 

 

f:id:omajia:20170123191535j:plain

スマホであらかじめ行き先の場所を出しておき、片言の英語でここに行きたいとアピール。

地図をセットして走り出したら目の前のバックレストに映り込んだモニターでのニュースを見ながらしばらくドライブです。

 

台湾のタクシーの中でもトヨタのウィッシュ?半ミニバンみたいな形のタクシーが割と新しめで綺麗ですがこのタクシーなら大半で悠遊カードでの支払いが可能です。

支払い時にモニターで悠遊カードを指定して左側の白い部分にカードを当てれば清算完了です。

 

この時の料金は320NT$(1154円)

約12kmくらいの距離でしたので日本と比べるとタクシーも安いですよね。

 

f:id:omajia:20170123191542j:plain

途中高速っぽいところも走っていましたがその時KawasakiのZ800を発見。

台湾でビッグバイクを街中で見ることは稀なのですが、そういえば台湾ってバイクは高速道路の走行が出来ないんじゃなかったかな?

となるとここは上側を走っていたんだけど高速じゃなかったんだろうか?

 

 

 台北駅からタクシーでこんな感じで走り始めて到着したのが11時過ぎ。

 

f:id:omajia:20170123191546j:plain

タイペイ市内にあるDUCATI TAIPEI」に到着

ここって何ですか?という方に少し説明させていただくとイタリアのオートバイメーカーにDUCATI(ドゥカティ)という車両があり、ここはその台湾の正規ディーラーの中でも大き目な店舗となります。

 

実は2015年に初めて台湾を訪れた際、ここに来てマネージャーの鄭さんと知り合いになり、その時には台湾語、英語、日本語それぞれでの会話が難しくGoogle翻訳やLINE中国語(繁)通訳アプリでやりとりしていた所、日本語が出来る王さんという方に通訳してもらいその後LINEで繋がりを持っていました。

 

先月のパスポート事件が無く台湾に行った際、ここDucati Taipeiで待ち合わせをしようと話をしていたのですが、今回は会議の為多分いけないと連絡を受けていたので少し顔を出して、そのまま台北市内へ戻ろうと思っていました。

 

f:id:omajia:20170123191549j:plain

DUCATI TAIPEIに入り、これまた翻訳ソフトで

「你好 叫從日本來的〇〇。 鄭先生在嗎」

(こんにちは、日本から来た〇〇と言います。鄭さんはいますか?)

↑多分正確な中国語では違うんでしょうね

 

カウンターにいた女性スタッフの方に伝え2015年に来た時の画像を合わせて見せたらすぐに思い出してくれました。

 

冷房の効いた店内でコーヒーを頂き待っていると鄭さんが出て来てくれて1年半ぶりの再会です。

しばらく話し込んでいると鄭さんがTELで話し込んでいて予定より早く会議が終わった王さんがこれからこっちへ来るが時間は大丈夫か?と聞かれたので大丈夫と伝えます。

 

f:id:omajia:20170123191608j:plain

程なく王さんがDUCATI TAIPEIへ到着、店内に来ていた台湾のDUCATI乗りの方々とも交流し記念に1枚写真を撮らせて頂きました。

 

お昼ご飯もまだ食べていないことが伝わると、ご飯を食べに行きましょうと王さんと2人で店を出て歩き始めました。

 

f:id:omajia:20170123191611j:plain

歩くこと2分ほどで到着、一人でだったらまず絶対に入ることはないだろうと思う、大衆食堂のようなお店へ入りました。

 

メニューを見ても????なので王さんにお任せ。

 

f:id:omajia:20170123191553j:plain

 出て来たラーメンのようなものは見た目よりあっさり、美味しかったです。

 

 

そして以前台湾に来た時に訪れた九份へ行く通路で経験した強烈な臭気

台湾の「臭豆腐」というポピュラーな食材なんですがあまりに臭く、まず初見では食べようとは思わないはずです。

 

f:id:omajia:20170123191556j:plain

今回は王さんの勧めもあり臭豆腐を初めて食すことに

 

f:id:omajia:20170123191600j:plain

 きちんと調理された臭豆腐はそれほど臭みもなく、付けたタレがかなり辛かったですがこれなら普通に食べられました。

横にあるのは青菜の炒め物ですかね?これも美味しい。

 

f:id:omajia:20170123191604j:plain

 こちらは蒸し鶏の料理?小骨が多くて少し食べるのが大変ですが

こちらも肉厚かつ鶏肉らしいさっぱりした味付けで美味しかったです。

 

 

お腹も一杯になったところで時間は15時を過ぎて来ました。

帰りのピーチ便が20:45出発なので余裕を見て18時位には桃園空港に着いていたので17時位には台北市を離れなければなりません。

 

となると後自由時間は約2時間程となりますので、次回また台湾に来ますと伝えDUCATI TAIPEIを後にします。