読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

auの携帯を使用している方は弾丸0泊台湾の場合「世界データ定額」がおすすめ

ガジェット au Apple iphone

はてなブログと前ブログは記事の書き方が全く異なるので少し戸惑っていますが

少しずつ慣れていこうと思います。

 

海外旅行の際にまず欠かせない物のNo1は私はスマホです。

翻訳したり、現在地を調べたり、情報を調べたりするには必需品で、正直現地でスマホをなくすとパニックになってしまうでしょう。

 

しかし日本国内で使用しているスマホの殆どは、海外に行った場合そのまま使用することが出来ません。

 

 

ここ近年での初海外は2013年のタイ旅行でしたが、その時に使用していたサービスはメーカーキャリアの国際ローミングとなる海外ダブル定額

 

www.au.kddi.com

私は長らくauを使用しているのでタイの現地ではそのままこの海外ダブル定額を使用しましたが基本的にどのキャリアでも同じ様なサービスとなります。

 

f:id:omajia:20170115111002p:plain

ダブル定額とは海外先でのパケット使用量が24.4MBまでは¥1980/日

それ以上はどれだけ使っても最大¥2980/日で今使用している携帯がそのまま使用できるサービスです。

 

確かに余計な手続きなども必要なく、簡単に使えるため海外初心者には便利なサービスですが24.4MBというのは最近のFacebookInstagramなどのSNSに画像をUPしているとあっという間に超えてしまい、タイに4日間滞在していた私は¥2,980×4=¥1,1920の通信費がかかっていました。

 

当時はそれでも海外でスマホを使えた事で重宝しましたがよくよく考えるとやはり通信費だけで¥10,000オーバーは痛い出費となります。

 

翌2014年にはヨーロッパのイタリア&サンマリノ

その時は8日間の旅行期間でしたので、もしダブル定額を利用した場合は¥2980×8=¥23840

流石にこの時は色々調べ始めた時期だったのでダブル定額の使用はパス。

 

代わりに利用したのが海外wi-fiサービス

townwifi.com

私がその時利用したのがグローバルWiFi

海外で使用できるWiFiルーターをレンタルして、現地で使用するサービスです。

使い方も現地に着いたらルーターの電源を入れ、スマホにパスワードを入力するだけで使用することが可能。

 

その時の使用料金は

[ 端末 - 料金 ]    6,720円
[ 端末 - 内訳 ]
イタリア - WiFi型(3G):8日間×1台

[ オプション - 料金 ]    2,592円
[ オプション - 内訳 ]
安心補償パック フル:8日間×1台

[ 受渡手数料 ]      0円
受渡手数料:0円
宅配受取料金:0円
宅配返却料金:0円


[ 合計金額 ]      9,312円

 

タイ旅行の倍の日程でも¥10000以下に抑えることが出来

以降2015年の初台湾やイタリアでもこのグローバルWiFiサービスを利用していました。

 

f:id:omajia:20170115102835j:plain

 話が長くなりましたが、海外に行った時ほど今の時代本当にスマホは手放せないアイテムだと痛感します。

 

しかし、台湾や韓国などアジアに限定されますが最近のLCC(格安航空)のチケットでは0泊弾丸というツアーも利用可能になりました。

その時にグローバルWiFiを利用すると、日帰りでも到着日時の関係上どうしても2日間のレンタルとなってしまい、保険に入らない最低料金でも台湾4G LTEでも¥2480かかってしまいます。

 

となると、台湾でスマホを利用する際のサービスは

  1. 海外ダブル定額:おそらく24.4MBは超えるので¥2980の料金
  2. 現地プリペイドsimサービス:3日使い放題で¥980と言う格安プランもあるがsimフリー端末の用意と空港での利用手続きを行うことが必要。

 

1はそれならグローバルWiFiでも良いじゃないかと思ってしまう事と

2は滞在時間の短い弾丸ツアーの場合受付時間すらも省きたいのとsimフリー端末を持っていることが条件となり利用は見送ることに

 

f:id:omajia:20170113165847j:plain

先日、初めて一人海外旅行で台湾日帰りというこれ以上に無い弾丸海外旅行に行ってきました。

 

台湾はこれで2回目となりますが、これまでの海外は仕事での付き合いや会社のスタッフ達との団体行動だったため、自分一人での海外はこれが初めて

 

f:id:omajia:20170115104941p:plain

その時、台湾でスマホを支えるために私が選んだサービスがauが2016年7月からサービスを開始した「世界データ定額」

 

www.au.kddi.com

利用可能な国での使用なら24時間での海外ローミング使用料金が¥980

 

f:id:omajia:20170115104936p:plain

更に海外ローミングで使うデータ量は専用では無く、普段契約しているデータ定額の容量ぶんだけデータローミングを使えます。

現在契約している3GBのプランなら3GB、7GBのプランなら7GB利用でき、消費したぶんは総容量からも引かれていきます。

容量を超えて速度制限がかかったら1G単位でのチャージも可能。

利用開始もこれまでのダブル定額の日本時間での計算では無く、利用開始その時点からの24時間計算となりますので日帰り海外や1泊2日での使用の場合は上手く時間を合わせると¥980で利用可能となります。

 

海外でもいつもお使いのスマホの利用可能容量そのままの感覚で使用することが可能となったサービスがauの「世界データ定額」です。

 

ご利用には専用のアプリを使いますので、iphoneならAppから

世界データ定額

世界データ定額

  • KDDI CORPORATION
  • 旅行
  • 無料

 

auのアンドロイドならスマートパスからダウンロードできます。

pass.auone.jp

 

注意点は日本にいる間にアプリをダウンロードしたら利用設定を行っておくこと。

 

実際に台湾に行った時は羽田空港から飛行機に乗る時点で機内モードにしておきます。

f:id:omajia:20170115104649j:plain

台湾の桃園国際空港に着いたら、私のはiphone7/ios10なので上記の通りに設定します。

 

f:id:omajia:20170115124506j:plain

これまでの感覚だとデータローミングを海外でONにした時点で高額課金されないかとヒヤヒヤしますがご安心を。

 

しばらくするとauからSMSでメッセージが届きますので

f:id:omajia:20170115104714j:plain

世界データ定額の利用をスタート

 

f:id:omajia:20170115104719j:plain

そうすると自動で電波を掴み現在地が分かるようになりました。

左上のアンテナ横のキャリアがauから中華電信になっていますね。

 

あとは台湾滞在中、通常通りの使用でスマホを使用することが可能です。

最初は中華電信の3Gでしたが高速バスに乗る頃には4Gを掴みました。

 

 

f:id:omajia:20170115104726j:plain

 

台湾日帰り滞在の場合、台北市内など実際に自由に行動出来る時間は約9時間とちょっととなります。

 

出国ゲートに入ったときでも残り14時間でしたが日本にいる時と同じように使えて¥980の料金はちょうど良いプライスだと思います。

現地プリペイドSIMの方が速度は出るかもしれませんが滞在中の使用では特に速度が遅いなと感じる場面はありませんでした。

 

何より別途持ち運ぶWiFiルーターのバッテリーを気にしたり、プリペイドSIMを買うのはある程度の語学力も必要になったり、ある程度の英語のやり取りや設定時間も必要になるため、台湾などの近距離アジア旅行での数日滞在ならこの世界データ定額で十分に感じました。

欲を言えば0泊弾丸なら長くても10時間くらいの使用にしかならないので12時間で¥500/14時間で¥980のダブル定額なら更に良いと思ったりしますが、現時点のアジア旅行では1番使い勝手の良いサービスだと思います。